満を持して、クソ企業

就職失敗したぼっちが課外活動に努めます。

痔瘻で入院〜4→6日目〜暇と思うた己に悔いた

こんにちは

きゃたぬきです。

 

入浴が許可された以降は

基本同じスケジュールとなる為、

まとめて2日分の日記とします_φ(・_・

 

 
6時 起床・朝食 ケツ洗い
7時   起床後検査
8時   入浴
9時    
10時   回診
11時   ケツ洗い
12時 昼食  
13時   ケツ洗い
14時   検査
15時 おやつ  
16時   ケツ洗い
17時    
18時 夕食 ケツ洗い
19時   検査
20時    
21時 消灯  
22時    

 

なんという暇の連鎖。

本さえもない時代、

痔瘻患者は何をして過ごしたのか。

本なき時代に痔瘻治療が存在したのだろうか。

 

しかし社会人になって早7ヶ月、

こんな自由時間は大学以来ではないか。

この機会に今の会社を抜け出す手筈を整えるべきである。

志を高く持った私が病室のベッドで

MOTHER2にてスノーサイド寄宿舎から抜け出したジェフに

ゴヂラのバットを購入させたのは如何なる気の迷いか。

 

まずい。非常にまずい。

この時空間で何事をも成長できないものが

一体この先何を達成できるのか。

右の頬を打ち、隣の患者に左の頬を打たせ目が醒める。

手元には無数のデジタル書籍、そしてノートパソコン。

ネット環境は手配済み。

クソまみれのケツ穴を締め、肥溜め一直線の軌道を修正するのだ。

いざ行かん、無限のアーカイブへ!

 

とは意気込んでみたものの、

投資収入が多少好調だった程度だ。

ふと思うは学生時代の自分である。

 

正直、私は成績が良かった。

小中高では文武両道の旗を提げて全国大会の常連となり、

大学では親族の金を貪る無勉強自己報告者を蔑み、

学生時代最も力を入れたことに学問と胸を張って言える。

しかし今の状態は何だ。

虫酸を煮詰めたジュースの如き会社あるいは日本社会のクソ慣習に嫌気がさし、

かといって次に進む羅針盤を持たないどころか探しさえしない。

「学生時代、勉強できたとか関係ないから」

などと親の脛をしゃぶり尽くし学生生活を遊び尽くしただろうちょいワル気取りにチクチク嫌味を言われ、

「何か振られたら、反応しなきゃダメだよ笑」

と優しく騙るが実際は妥協しているだけの先輩に慰められる日々だ。

 

この世界にいて身につくことは、

狭い世界でしか通用しないクソ知識、

それを先輩風として後輩へ提供するクソ飲み会の開き方、

仕事のやりがいとは名ばかりの妥協点で自慰をする術だろう。

「3年は続けた方がいい。仕事の楽しさが見つかるから」

とは言われたが、社会で役に立たないが成績優秀な私は

どうやら1年で探索を完了するらしい。

 

タイピングのなすがままに書き綴ってきたが、

この記事を全て真に受けてしまうだろう嫁が気がかりなので一筆加えておく。

愛してくれて、ありがとう。

 

ワンピースのエースなら死ぬところですが、

入院して寧ろピンピンしています。

文句垂れてきましたが、

院内では多くの本を読むことができました。それだけでも良かったです。

興味深かったのはこの本。

 

 

それでは、次回!

twitter.com

 

続き

catanuki.hatenablog.com

 

 前回はこちら

catanuki.hatenablog.com

 

初めから

catanuki.hatenablog.com