満を持して、クソ企業

就職失敗したぼっちが課外活動に努めます。

痔瘻で入院〜2日目〜ベッドで夜が明ける

こんにちは

きゃたぬきです。

 

手術当日、便意から目を覚ます。

どうやら昨晩の下剤が効いてきた様子。

トイレで用を済ませる、うむ、軟便である。

 

今朝の食事は出ない。

手術後の傷口から1日は排泄しない調整の為だ。

クソで傷口が染みるよりマシである。

f:id:justicatanuki:20181110160202j:image

朝食がわりに点滴が打たれる。

ポカリスエットは点滴と同じ!

などと効いた記憶を思い返すが、

どう見ても生理用食塩水としか読めない。

理不尽の矛先を千代田区の製薬会社に投げ付け、

コカ・コーラ製の代替品に切り替える決意を固めた。

 

待合室へ偽ポカリを引き摺り、

手術前の鎮静剤を打った。

しばらくして、執刀医から手術の説明を拝聴するらしい。

その説明後、ケツを天高く突き出す姿勢を取り、

局部麻酔を打ってもらったそうだ。

リラックスを促す為、看護師の方が肩に手を触れていたそうで、

仮に事実とすると嫁のソバットを受けるが、

何より鎮静剤以降爆睡したため

手術終了6時間後にようやく目を覚ましたのだから

事実無根と言えよう。

ただしT字帯をつけていたことから、

齢22歳にして下着の世話を受けた事実は否めない。

ベンジャミンバトンなら死ぬ直前である。

f:id:justicatanuki:20181110160222j:image

寝たきりの状態で1日、とは想像より難しく、

特にトイレ以外の場所で小水をこなすのが難儀した。

天才バスケットマンと言われた気がする私でも

引きこもりの素質がないと自覚する好機になった。

f:id:justicatanuki:20181110160215j:image

ちなみに寝返りは打てるが起き上がることは禁止されている。

その為、手術前からペットボトルの水を3本、

それもストローをさして用意させられた。

学生時代、明らかに糖尿病となる量が入った

パック入りジュースを飲む際の長さに等しいストローから多少のノスタルジイを感じた。

 

夕飯はゼリー飲料のようなものである。

前述のように、排便時の負担をなくすため、明日まで固形物は口にしない。

腹に何も入れない状態がここまで続くと

全ての物が甘露に感じるものである。

人は一生の間に蜘蛛を3匹食べると言われるが、

今なら処女牛のソテーと遜色なく喰らえるものだ。

その結果ケツ穴にクモの巣を張られると

世界仰天ニュースからの取材応対に師走を費やす為、

本日はゼリーだけに済ませておいた。

 

暇である。

すっごい暇である。

Radikoで好きなラジオドラマを聞き直しても時間が余る。

余談ですが、私の好きなラジオドラマ

NISSAN あ、安部礼司 〜 BEYOND THE AVERAGE 〜

前回は懐かしの岩月 加奈さんが出てきて嬉しかったです。

登場のイントロを聞き直すと、今でも体がブルっと震えますが、

その振動でケツ穴が割れた為、素直に本日は寝ることとします。

 

それでは、次回!

twitter.com

 

続き

catanuki.hatenablog.com

 

 

前回はこちら

catanuki.hatenablog.com