満を持して、クソ企業

就職失敗したぼっちが課外活動に努めます。

雑記・発行数と、印税と、実際の読者のはなし

こんにちは

きゃたぬきですU・x・U

 

 

 

さてさて今年もあと少し!

皆さんいかがお過ごしですか?

 

今日の雑談はこんな内容をもとに!

作家の村上春樹さんをご存知ですか?

 

彼の本、

騎士団長殺し」が大赤字では?と

まことしやかに囁かれております。

news.livedoor.com

 

そもそも出版業界が、

どんな構図になっているかの

話は別に置いといて、

この記事をもとに話をします。

 

騎士団長殺し』は、我々が伝え聞いたところでは60~70万部しか売れていないようです。(中略)“本当に”130万部刷ったのだとすれば、断裁率は5割近く。これでは出版社は大赤字だと思います

 

内容によると、

130万の本を作ったのだけれど、

売れたのは70万程度であるそうです。

 

さて本題。

村上春樹さんは、

お金だけで考えれば

130万部分の印税をすでに受け取っているのです。

 

我が国日本は、

発行ごとに印税が発生するので、

例え今回、

騎士団長殺し」が1冊しか売れなくても、

作者の懐にはお金が十分入ってくるのです。

 

因みにアメリカなんかでは、

作者は売れるごとに印税が入るので、

今回の例を当てはめれば、

村上さんには60~70万冊分の印税だけ入るのです。

 

村上春樹の本って、

〇〇万部発刊!なんて書いてあるけど、

実際に電車で読んでる人を見たことない!」

そんな意見を話していた君!

発刊数と売り上げは関係ないのよ!

でも作者の印税はその数字で大体わかるよ!

 

因みに電子書籍では

発行数=購入者数であるため、

数字のマジックは通じません。

私の本も売り上げ出したら

大変なことになりますからね~!

水増しも押し紙も出来ねぇ!しゃーねぇな!

 

以上、ほんの少し本の話でした!

きゃたぬき

 

 

前回はこちら!

catanuki.hatenablog.com

 

ポッドキャストまとめ
catanuki.hatenablog.com