きゃたのーつ ver.1.1

エリートぼっちの文芸倉庫

【金銀VC】ツボツボと旅をするあなたへ

こんにちは

きゃたぬきですU・x・U

 f:id:justicatanuki:20171001113446j:image

あなたがもし、

このページを検索して見たとしたら、

VC版金銀のストーリーで、

ツボツボを連れていきたいと考えているのでしょう。

 

貴方が最初、

どのポケモンから始めたかは分かりませんが、

この時代のツボツボは不遇です。

 

わざマシン・どくどくが手に入るのは

殿堂入りの後です。

 

カゴのみはありません。

それっぽいのはありますが、栽培できません。

 

基本的にツボツボの攻撃力では、

相手を倒せません。

 

それでもツボツボを軸として冒険したいあなたに贈る、

ほんの些細な情報をここに書き留めておきます。

*あくまで私の主観ですので、悪しからず。

 

ネッシーは返しなさい】

始めに言いますが、

ストーリーをツボツボと歩みたい貴方は、

自分の手で仲間にしてほしい。

 

 

ジムリーダー・シジマの対決前に、

タンバシティで少年から

ポケモンが奪われると大変だから預かってくれ」という理由で、

ネッシー」と名前のつけられたツボツボを預かることができます。

この「ネッシー」は、いつでも返す事が出来ます。

 

返す時のなつき度によって、

返却するか貰うかの分岐になります。

 

俗に言う「借りパク」も出来ますが、

モラルの高いツボツボ愛好家はそんな事しないでしょう。

「預かったツボツボに卵を作らせてから返す」

などという重犯罪もしないでしょう。

 

預かったのなら、

優しいツボツボが懐く前に

持ち主の少年に返してあげてください。

あと少年は守るべきものを守る強さを持ちなさい。

 

【ツボツボを捕まえる】

厳密に言えば別の場所でも良いのですが、

タンバシティの上にある、

いわくだきの出来る、

岩6つの中からツボツボに出逢いましょう。

ツボツボの出現率は低く、

クラブばかりの数時間を過ごすこととなります。

感動を得るのに面倒は付き物です。

頑張ってツボツボと出逢いましょう。

 

【ツボツボの戦い方〜チャンピオンロード前〜】

ツボツボの技構成として、

・まきつく

・アンコール

・(自由)

・(自由)

上の二つは外せません。

ツボツボは先発で戦う事がベストです。

 

この記事を読む貴方が

如何なるレベルのプレイヤーかは分かりませんが、

【アンコール】という技は重要です。

『相手が最後に使った技を数ターン続けさせる』技です。

 

例えばイシツブテ

「かたくなる」を悠長に使用したとします。

その後にツボツボが【アンコール】をすれば、

イシツブテは他の技を使えず、

かたくなりまくる状態になります。

技を固定したら他のポケモンに交代して、

相手の弱点を付けば良いのです。

 

この時期のツボツボは、

仲間のサポートに徹します。

しかし経験値は手に入るので、

他のポケモンとレベルが離される事はないです。

 

カントー地方への第一歩から】

あなたがいま!

カントー地方への第一歩を踏み出した!

のなら、すぐに洞窟の近くにある民家へ行きなさい。

そこで「すなあらし」のわざマシンが貰えます。

これをツボツボに覚えさせましょうを

 

この「すなあらし」ですが、

『岩・地面・鋼以外のポケモンに毎ターン一定のダメージを与える』技です。

「あまごい」が痛くなった感じです。

 

加えて、ツボツボの「まきつく」も同じく定数ダメージ技です。

 

具体的にどの程度ダメージを与えるかは

相手のHPにもよりますが、

『割合でダメージが入る=ツボツボの攻撃力に無関係』

なのです。(ただし共に一定ターンで解除される)

 

現時点でのツボツボの技は、

・まきつく

・アンコール

・すなあらし

・(自由枠)

 

となりますが、

自由枠には『ねむる』がオススメです。

 

『ねむる』は

自分が眠り状態になる代わりに、

HP全回復と状態異常回復の出来る技です。

眠り状態では

何も行動が出来ません。

 

しかし、前述した「すなあらし」と「まきつく」は自分が寝ていようが

無関係に定数ダメージを与えてくれます。

 

自分は眠って回復する間に、

相手はジワジワとHPを削られる。

 

これである程度、

ツボツボだけでも戦えるようになりました。

しかし油断は禁物。

仲間としっかり打ち合わせましょう。

 

 

というわけで、

ツボツボと旅をしたい方の参考になれば幸いです。

皆さん、旅を楽しんでください!

きゃたぬき