きゃたのーつ ver.1.1

エリートぼっちの文芸倉庫

【一撃必殺】「ハサミギロチン」を覚えるポケモンをランク付け

こんにちは

きゃたぬきですU・x・U

catanuki.hatenablog.com

 

前回の記事では

「つのドリル」を覚えるポケモンのランク付けをしました。

それに続いて、

今回は「ハサミギロチン」を覚えるポケモンのランク付けをしてみます。

 (2017年6月現在)

 

あくまで私の主観に基づいたランクなので、

違うと思う人は自分なりのランクを作ってみてください_φ(・_・

 

  1. ハサミギロチン
  2. カミツルギ
  3. グライオン
  4. クワガノン

なお、ランク付けの方法は前回の記事に書いてありますので、参照ください。

 

 1.ハサミギロチン

S カミツルギ グライオン 

A アイアント キリキザン キングラー

B オノノクス *カイロスメガカイロス

C シザリガー  

未使用:クワガノン 

 

今回も、Aランク以下のポケモンに関して批評を軽く書いていきます。

*カイロスは章を分けて書く必要があるため、省略。

 

アイアント

S109という驚異の速さを持つキメラアント。

むし×はがねという恵まれたタイプであり、技も豊富。

特性「はりきり」によって攻撃が1.5倍になっている。技は当たらない。

一撃必殺なんか使わなくても敵を倒せるポテンシャルがある。

特筆すべきはサンムーンで追加されたZ技。

「はりきり」は攻撃上昇の代わりに命中率は下がるのだが、

Z技を利用することで高火力の癖に必中となる。

前回の記事でも書いたが、

勝負に勝つために一撃必殺を使うのではなく、

通常攻撃で相手に負担を与えられない場合に使うべきなのだ。技は当たらない。

カミツルギくらい攻撃範囲が狭ければ、

そういう意味でSランクになっていた。

 

 

キリキザン

敵を倒すためには、一撃必殺の優先度が低い

唯一のあく×はがねタイプであり、強い相手にはめっぽう強い。

敵のゴーストタイプが交代することが多いため、

ハサミギロチンは非常に打ちやすい。

ただ普通に上から吹っ飛ばされることが多い。

じしんが弱点で物理耐久のしょぼいポケモンには厳しい環境なのです。

あとリザに消し炭にされやすいです。

きあいのタスキを持たせて、一発耐えてから・・・!

そう思うあなたは「メタルバースト」という

キリキザンが覚える技を調べるべきです。

一撃必殺をあてるより簡単に倒せます。

 

火力も敵を一発で倒すのには足りないことが多い(覚える技の威力が小さいため)

ゆえに命の珠を持たせている事が多いのだが、

それなら一撃必殺より火力アップした通常攻撃をすれば良い。

 

以上の二点から、キリキザンで「一撃必殺」を使うなら、

正直はたきおとすなり、メタルバーストを採用するべきなのです。

 

キングラー

一撃技は活躍しやすいが、そもそも通常技が弱すぎる

後述するシザリガーと比べて劣化扱いされがちなポケモン

攻撃範囲は狭く、技威力も控えめなものばかりである。

しかし防御はなかなかのものであり、

H振りでA特化メガリザXの逆鱗を確定で一発耐える。

ただ耐えた後に「通常技で」敵を倒すこと自体が困難である。

いくら晴れ状態でもA特化キングラーで無振りメガリザYさえ倒せない(74~85%)のはよろしくない。メガリザXも倒せない。

だからこそ余計に「一撃必殺技」を使用する機会が多いだけで、

一撃必殺パーティにおいて荷物になりかねない。

 

オノノクス

普通に攻撃したほうが勝負に勝ちやすいです。

ドラゴンタイプでS97という絶妙な素早さを持ち、

A147という過剰にぶっ飛んだ戦闘民族。

攻撃範囲も十分広く、

特性「かたやぶり」によって頑丈持ちさえ一撃必殺で倒せるポケモン

ここまでそろっているのに、

一撃必殺を使う必要は限りなく薄いのです。

 

もちろん、交代読みで一撃必殺を使う場面は多々あります。

そんな時でも交代読み通常攻撃をしたほうが強いです。

(防御特化レヒレにA特化オノノクスのどくづきで40%)

 

ただ、あなたが思考停止一撃必殺パーティを組みたいのなら、

間違いなくランクSになることでしょう。

あくまで勝負に勝ちに行くのなら、

通常攻撃で4つ揃えた方が強いということです。

 

 

シザリガー

みず×あくタイプのザリガニ。

前述したキングラーの後輩にして

上位互換では?と思えるほど火力が出る。

特性「てきおうりょく」による水タイプと悪タイプの火力は凄まじい。

しかし耐久はキングラーよりもろい。しかも遅い。

そんなポケモンは一撃必殺を打つ暇ありません。

 

シザリガーのはたきおとすは真っ先に警戒されるため、

不利対面でも突っ張って、後続で倒そうとする敵が多いです。

そしてシザリガーアクアジェットを覚えるため、

最後っ屁にこれを使うことがほとんど。

つまりシザリガーの一生は

「はたきおとすorクラブハンマー」→「アクアジェット

という鉄砲玉になります。さすが保安官モチーフ!

 

ここで、あえて高火力の通常技ではなく

「一撃必殺」を使い、当たらなかったとします。

するとぷりっぷりのザリガニが突進してくるだけ捨て駒になります。

鈍足低耐久のポケモンは素直に攻撃をしたほうが強いです。

 

それでは、私がSランクにした2体について触れていきます。

 

2.カミツルギ

くさ×はがねタイプ、

A181・S109という一瞬ぶっ壊れポケモン

対比されるテッカグヤと異なり、

大体の型が陽気なため、

GTSで無限回収ができるとかできないとか。

私は102体ほど集めました。いらない。

 

しかし技範囲が狭いため、

くさとはがねを半減できるタイプには滅法弱いです。

そしてこいつより早い「特殊技を打てるポケモン」には高確率でやられます。

C特化メガスピアーのめざ炎で無振りカミツルギ98.5%〜116.4%の乱数一発です。

 

f:id:justicatanuki:20170625165525p:plain

一方の物理耐久は凄まじく、

二舞A特化メガギャラ地震でも無振りカミツルギ低乱数1です。

つまるところ、こいつは超極端なのです。

勝てる相手に余裕で勝てるが、負ける相手に簡単に負ける。

これは基本的に周知の事実なので、

交代先が容易に想像できます。

というか不利対面で突っ張る相手はいません。(ビーストブーストのA上昇を許すため)

故に、ハサミギロチンとの相性が無茶苦茶いいのです。

 

例えば相手がマンマンレヒレのマンムーを出したとします。

こちらはカミツルギ。物理耐久とタイプ的に必ず勝てるでしょう。

しかし相手の控えにはボーマンダ

交代されると威嚇でAダウンを受けますし、

こちらの主力であるリーフブレード・スマートホーンは効きにくい。

積みの起点になるだけです。

そこでハサミギロチンですよ奥さん。

 

カミツルギと対面したマンムーなら間違いなく引いてきます。

マンダ受けだし→ハサミギロチン→マンダ龍舞→ハサミギロチン

この流れで2回ギロチンできます。当たらない?諦めなさい。

 

基本的にカミツルギに受けだししてくるのは

リザードンボーマンダギルガルド

この三体です。前2体は交代読みギロチンが簡単すぎてお勧めです。

ギルガルドには絶対に勝てません。逃げてください。死にます。

 

というわけでカミツルギ

自分の役割を確実に果たし、

受け出しに来た奴より素早くハサミギロチンをぶち込んで

勝率を引き上げてくれるのです。だってギロチンしか有効打ないし

 

3.グライオン

ポイヒ害悪で泥試合に引きずり込むサソリ。

こいつの何が強いかは自分で調べてみてください。

5年くらい研究されていて、

対策のポケモンが一体もいなければ負け確実な強さです。

 

簡単に言うと・・・

耐久が高い

地面×飛行なので、耐性が優れている

そこそこ早い

欠点が「少し控えめな攻撃力」のくせに、一撃技を持ってる

こんなところです。

 

ところで、

「零度スイクン」を聞いたことありますか?

一撃必殺愛好家では知らぬ者はいないキング的な存在(”でした”)

 

スイクンは水タイプだけなので、弱点が草と電気です。

弱点が少ないくせに耐久が高いのです。一応パッケージ飾る程度に伝説です。

そのスイクン高耐久の代わりに、低めな攻撃力でした。

・・・にもかかわらず、

当時全ポケモンを一撃で仕留められる【絶対零度】を覚えた

限定のスイクンが配布されたのです。

くっそ固いくせに一撃必殺なんて当てられたら、

それこそ勝てないわけです。

 

これよりマイルドな状態のポケモンが「グライオン」です。

弱点は水と氷で、

氷に関しては大体一発食らえば吹き飛びます。

しかし弱点を付けない相手なら

大抵耐えることができ、

ハサミギロチンの試行回数を増やして勝ちに来るわけです。

 

毒で相手の体力を削り、

それが効かないならハサミギロチンで一発KO

これほど一撃必殺技の合うポケモンは、かつてのスイクン以外いないでしょう。

因みに私のグライオンは「かいりきバサミ」です。紹介は別の機会にします。

 

4.クワガノン

2017年6月25日現在、

まだ私が使用していないため使用感がわからないというのが答えです。

実践次第、ランク付けしてみようと思います。

 

 

--------------------

 

というわけで、

今回は「ハサミギロチン」を覚えるポケモンをランク付けしてみました。

まだクワガノンに関してはわからないので、

この記事が次に更新されるときをお待ちください。

 

以上、またこんど!

きゃたぬき