きゃたのーつ ver.1.1

エリートぼっちの文芸倉庫

【就活を始める人へ】逆求人サイトの誤解

こんにちは

きゃたぬきですU・x・U

 

私は2018年度新卒であり、

既に就活を終えているのですが、

【逆求人サイト】を利用して様々なことを感じたので、

今後誰かのためになるかも・・?と思い、

この記事を書きます。

 

そもそもの誤解

f:id:justicatanuki:20170621130443j:plain

 

基本的に、

逆求人サイトのオファーやスカウトは

『貴方を即戦力として迎える』

なんて代物ではありません。

 

ただ単に、

『選考に参加しませんか?だから説明会に来てくださいね』

というものにすぎません。

 

じゃあ〇〇ナビと何が違うの?

正直8割は違いありません。

 

貴方がエントリーするのか、

企業側がエントリーを勧めてくるのか。

方向が違うだけで結果は同じです。

【サイトに登録している企業】に差がある程度です。

 

では逆求人サイトを利用する最大のメリットとは何か?

 

・エージェントを利用する事

基本的に逆求人サイトには、

就活生が利用できるサービスとして

エージェントとの面談ができます。

 

〇〇ナビとの大きな違いは、

彼らと面談をして、

自分に向いている職種と企業をその場で教えてくれることでしょう。

正直、逆求人サイトを利用するメリットは

ここに集約されていると思います。

 

ただし、エージェントが勧めたとしても、

選考は免除されないと思ってください。

 

しかし一方で、

エージェントからの紹介でしか求人を出していない、優良企業も存在することを覚えておいてください。

実際に私は(どことは言えませんが)

休日数も多く、残業がなく、給与も良く、手当も充実しているグローバルで高シェアな超ホワイト企業の求人をいただきました。結局、勤務地的な理由で断りましたが。

 

つまり、

エージェントを利用して、

自分の適性を判断してもらう

もしくは

競争率の低い優良企業を勧めてもらう

これが基本的な【逆求人サイト】の利点かと思います。

むしろそれ以外なら〇〇ナビと何も変わらないと思いました。

 

因みに、

エージェントを利用して選考に参加すると、

自分が落とされた原因がわかります。

その事については、此方の記事を参考にどうぞ。

catanuki.hatenablog.com

 

 

・エージェントの注意点

最後に、リテラシー的な問題になりますが、

結局エージェントが勧める職種・企業は、

本当に向いているとは限りません。

 

例えば、

日本で【システムエンジニア】という職種が

人手不足だと聞いたことはありませんか?

私の時もそうでしたが、

何かとこじつけて

『貴方にはシステムエンジニアが向いています!』

なんて言われた事があります。

私だけならともかく、

このセリフ、

同期の利用者はみんな言われていました。

 

たとえエージェントを利用したとしても、

結局は自己責任。

自分の就活には自分で責任を持ってください。

 

 

手短ではありますが、

これから就活を始める人の、

少しでも助けになれば幸いです。

 

以上、またこんど!

きゃたぬき

 

こちらの記事もどうぞ!

 

catanuki.hatenablog.com

catanuki.hatenablog.com

catanuki.hatenablog.com

catanuki.hatenablog.com

 

 

 

広告を非表示にする