きゃたのーつ ver.1.1

エリートぼっちの文芸倉庫

【9日目】Part2・勘違い努力をやめる

こんにちは

きゃたぬきですU・x・U

f:id:justicatanuki:20170618110127j:image

今日はPart2の二週目、

前と同じ演習問題を解きました_φ(・_・

 

29/30

→前回と同じミス ・1

→よく聞き取れなかった ・3

 

まぁ二週目なので、

正答率は上がって当然なのですが、

問題はこの一問。

前回も間違えて、今回も間違えてしまったという事。

 

ここに自分の弱点を知る手がかりがある。

 

前回の見直しで、

音読筆記を繰り返したのは勿論ですが、

それでもミスをするのは以下の理由。

 

・単純に練習不足

・今の実力で『聞こえない』何かがある

・この問題で集中力が途切れた

 

 

ある意味、

完璧に聞こえるまで復習すれば良いのですが、

果たしてそれだけの理由なのか?

例えば私の様に

イギリス・オーストラリア発音に

生理的不快感を抱いて不正解になる人は、

少なかれどいるはずである。

 

というわけで、

この設問に関して紹介してみます。

(関先生、ここの内容だけ公開することをお許し下さい。)

 

 

Q.How was the traffic on the highway?

幹線道路の交通状況はどうでしたか?

 

A.It was slow up until Lakeshore Drive

Lakeshore 通りまで渋滞していました。

B.Because of the construction work.

建設工事のせいです。

C.He said he was mistaken. 

彼は自分が間違っていたと言いました。

 

 

正直このリスニングは

完璧に聴き取れていたと自負しています。
しかし、前回も、今回も
私はBを選択していました。

 

 

私は恐らく、

AとBの設問が繋がっている様に勘違いを起こし、

結果、Bの回答を選んだのだと思います。

 

It was slow up until Lakeshore Drive.Because of the construction work.

Lakeshore 通りまで渋滞していました。建設工事のせいです。

 

 

もしも選択肢が逆だとしたら、

私は必ず正解することでしょう。

 

勿論、私が悪くてミスしたのですが、

ここで言いたいのは、

【本当に『聞き取れない』だけが間違える原因なのか?】

ということ。

これに気がつかなければ、

無駄に音読筆記を繰り返し、また間違える連続であったと思います。

 

 

何か起きた時に、

『物のせいにするな、自分が悪いと思え』

的な事を習う人は多いでしょう。

人徳的に正しいのかもしれませんが、

自分への疑い方を知らなければ、骨折り損です。

 

リスニング中に選挙カーが来たら間違いなく選挙カーが悪いです。

前席の受験者がベトベトンなら間違いなく臭いです。

 

そうではなくて、

 

単語を覚えて解けないなら熟語を覚えなさい。

熟語を覚えて解けないなら文法を知りなさい。

文法を覚えて解けないなら経験を積みなさい。

経験を積んで解けないなら自分を疑いなさい。

 

そんな感じ。

 

…まぁ、『最低限の努力をした上で』という前提条件つきです_φ(・_・

 

今週も良い勉強ができました!

まだまだ頑張りますよ〜!

 

きゃたぬき

広告を非表示にする