きゃたのーつ ver.1.1

エリートぼっちの文芸倉庫

雑記・『パーの制約』

こんにちは

きゃたぬきですU・x・U

 

お題「マイルール」

 f:id:justicatanuki:20170522100959j:image

自分で決めているルールは

幾つかありますが、

その1つに

「ジャンケンは必ずパーを出す」

というものがあります。

 

私が信頼している一部の人間との対戦を除き、

必ずパーだけで

ジャンケンを行なっています。

 

理由は単純で、

「どうでもいい奴に負けるとムカつくから、制約を付けて勝負をしよう」

というもの。

 

くっそどうでもいい同級生相手に、

あれこれ出す手を考えた挙句、

負けたとしたらムカつきませんか?

 

だったら

『全てパーにする』という制約を付けて、

運だけで勝負をすれば良いのです。

戦略立てて負けた時の

精神ダメージが少なくて済みます。

 

因みに、

この制約は2回以上「あいこ」になると必ず負けます。

 

あいこの出し合いで、

相手が手を動かさずパーを出していたら、

チョキを出したくなるでしょう?

 

言うのもなんですが、

何1つ得のないルールですね。

 

しかし、

連続でパーを出す勇気は

並大抵のものではないのです。

 

ジャンケンは格闘技である

友人から幻聴したことがあります。

昔の遊びにも、

こんなのがありましたね?

 

ジャンケンをして、

勝った方は防ぎ、

負けた方がぶん殴る。

 f:id:justicatanuki:20170522100959j:image

こんな感じ。

 

これはあくまで遊び。

本当のファイトなら、

ジャンケン勝負がついた時点でバトル開始です。

 

グーならインファイトが出来ます。

戦いにおいて、困ることのない武器です。

 

チョキなら軟部を潰すことができます。

目潰しはもとより、

指を少し折りたたんで、

えぐる様に攻撃する痛みは耐えられません。

 

パーはどうでしょう?

「ハッケイ」なる古武術の技はありますが、

素人に氣をぶち込むなんて出来ません。

ビンタをしますか?

パーで負けた貴方の敵は、チョキで勝っています。

貴方がビンタをする間、

目玉を6回くらい潰されるかもしれません。

貴方が勝っていたら、相手はグーです。

パーごとぶち破られる可能性もあります。

 

f:id:justicatanuki:20170522102056j:image

つまり、

パーで勝負すること自体が非常にリスキーなのです。

 

【簡易早見表】

グーvsチョキ ←良い勝負

グーvs.パー ←やばい

チョキvs.パー ←やばい

 

さて、

「お前は一体、何が言いたいの?」

と思われるでしょう。

 

これも非常に単純なことです。

ジャンケンの後に襲われても、

パーしか使わずとも、

相手とのバトルに負けはしない。

その確固たる信念。

これが『パーの制約』なのです。

 

俺は!

パーで負けても!!

テメェらには負けねぇんだよぉぉぉ!!!

 

その手が目指すは、

神の聖杯か、悪魔の吐息か…

 

きゃたぬき

広告を非表示にする