きゃたのーつ ver.1.1

エリートぼっちの文芸倉庫

雑記・学習塾の増加、学校の怠慢

こんにちは

きゃたぬきですU・x・U

※この記事は著者の偏見によるものであり、論理的裏付けなど一切ないことを御理解ください。

 

最近は少子化ではありますが、

全国規模から地方密着まで、

学習塾が多数誕生している印象を覚えます。

その背景には勿論、

需要のあることが言えるでしょう。

 

私自身、

どちらのタイプの塾講師としても

経験を積みましたが、

いずれも生徒は増加の一途を辿っていました。

地域差もあるやもしれませんが、

よくよく考えたら

生徒が増えていること自体

おかしいのです。

 

 

ところで、

皆さんの中学・高校時代、

主要科目の平均点ってどの程度でしたか?

 

因みに私の時は

現代文 64

数学 57

英語 56

だいたいこんな感じでした。

私の生徒達も(違う学校ですが)

似た平均点を報告しています。

 

ただ、時として

平均点が42点なーんて報告を受ける時があります。可笑しな話です。

学校の教師は

生徒が42点平均を出してしまう

そんな教育をしている事になります。

点数の概要を見ると、

大半は教科書と同じ内容で得点したもの。

応用問題なんて

全問不正解レベルの平均点なのです。

 

そして平均点を下回ると、

なまじ元が低いために、

本当に勉強の出来ない気がしてくるのです。

 

教室全体が授業を聞かない?

スマホのせいで勉強をしない?

生徒全員、学年全体、皆、不真面目

なんてことがあり得るのでしょうか。

 

単純に

学校側の教育水準が

落ちているのです。

それが学習塾の増加に

裏付けられているのではないでしょうか。

 

 

以上、終わらない議題でした。

きゃたぬき

広告を非表示にする