きゃたのーつ

熱狂的ファンへの備忘録

「公定歩合」「ゼロ金利政策」「マイナス金利」の簡単な説明

こんにちは、きゃたぬきですU・x・U

 

ニュースで見る「公定歩合」「ゼロ金利政策」「マイナス金利」の話を、

自分が忘れる前に書いておいたものです。

*あくまで個人的な感想に基づいた内容ですので、100%正確とは限らない事を理解して下さい。

---------------

銀行は企業にお金を貸して、

利子をつけて回収する事で利益を上げます。

しかしながら銀行も、

お金を常に貸せる事はありません。

そんな時は「銀行の銀行」である

日本銀行からお金を借ります。

無論、日本銀行も利益を上げるために

貸すお金に利子をつけています。

この利子の事を「公定歩合」と言います。

f:id:justicatanuki:20161223093941j:image

ところで、景気が悪くなると

銀行が企業に

自分たちのお金を貸したくないのです。

かといって、

不景気な世の中。

日本銀行からお金を借りても

企業からお金を回収できないと

借金の利子だけで銀行が困ります。

 

つまり、景気を良くしたい時、

日本銀行が銀行に貸す「公定歩合」を

0%にして、

銀行がお金を借りやすくします。

これが「ゼロ金利政策

f:id:justicatanuki:20161223093950j:image

さて、日本銀行は「銀行にとっての銀行」なので、

銀行も日本銀行に口座があります。

当然、利子も出ます。

 

不景気な世の中で

企業にお金を貸すぐらいなら、

日本銀行の口座で

利子を増やした方が良いです。

 

日本銀行にとって、

経済が回らないのに

利子だけ増やされても困ります。

 

そこで、

日本銀行の口座に預けている分だけ

お金がかかってしまう政策

「マイナス金利政策」を実施します。

f:id:justicatanuki:20161223093954j:image

こうなると銀行も困ります。

預ければ預けるほど

お金がなくなるのですから、

むしろ企業に貸して利子をつける方が

お金を増やせるのです。

f:id:justicatanuki:20161223093958j:image

こうして景気を良くするため、

日本銀行も試行錯誤をしているのです。

-------------------

 

以上、またこんど!

きゃたぬき

 

絵しりとり

catanuki.hatenablog.com

 

広告を非表示にする