きゃたのーつ ver.1.1

エリートぼっちの文芸倉庫

【雑談漫画】ぼっち大学生の「英会話フリートーク」処理術

こんにちは、きゃたぬきです。

f:id:justicatanuki:20160630215808j:plain

 前回の続きです。

catanuki.hatenablog.com

今回は

英語の授業でありがちな『フリートーク』

ぼっち大学生たる私の処理術を思い出しながら描きました。

 

f:id:justicatanuki:20160630220137j:plain

 

f:id:justicatanuki:20160630220148j:plain

 

f:id:justicatanuki:20160630220228j:plain

 

f:id:justicatanuki:20160630220236j:plain

 

注目するべきは、積極的に先生と会話をし始めるということ。

何もクラスメイトと話す必要はありません。

拙い英語でもいいので、先生に絡んでください。

生徒と話す恐怖より、格段に楽でしょう?

 

そして気づいてください。

発音やら何やらを恥ずかしがって、茶を濁す会話より、

教育訓練を受けた先生との会話の、

なんと為になることか。

 

そして、ぼっちたるもの、全力のぼっちであれ。 

先生との会話は、その時に持ちうる能力をフルで使用せねばいけません!

逃げるだけのぼっちは、ただのコミュ障に近づいてしまいます・・・

 

おかげで私はコミュニケーション英語のクラスではSランク評価、

義務的なグループワークと、ほぼ先生との会話だけで叩き出しました。

(先生から「その積極さで、どうして他の生徒と話さないんだ?イジメじゃないよな?」との高評価を得ました)

 

最後に、

ぼっちは力になりますd( ̄  ̄)

 

以上、ではまた!

 

きゃたぬき

 

つづきはこちら

catanuki.hatenablog.com

広告を非表示にする