読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゃたのーつ ver.1.1

エリートぼっちの文芸倉庫

【クソ就活】逆質問で落選確定の内容

クソ就活

こんにちは

きゃたぬきですU・x・U

 

現在クソ就活をしている身ですが、

人材紹介会社経由の採用

利用しております。

 

人材紹介会社を利用するメリットは

後々詳しく書きますが、

その一つに

「選考に落ちた理由がわかる」

と言うものがあります。

*私の利用する所だけかもしれませんが…

 

さて、

とある企業の一次面接にて

私が落ちた理由を二つ教えて頂きました。

その一つに、

質問の時、

『副業は認められていますか?』

と出てきた事が心に残った。

仕事に全力を尽くしてもらいたいと考えているために不安である。」

のような旨を教えてもらいました。

 

なるほど、

理に叶ってはいる。

とは思います。

 

正直なところ、

逆質問で落ちる事はないだろう。

そう思っていました。

ナメてました、普通に落ちますね。

 

ただ、

副業という言い方をしてますけどね、

これ「株」の事ですよ?

「株で儲けても良いですか?」

って質問です。

これで落とすって何なんだろう。 

 

三本の矢とかいう政策が失速して、

「収入を増やすのは無理そうだから、

せめて副業を解禁して収入源を増やしましょう」

なーんて話が出てくる世界で、

株がダメなんですね〜。

こりゃオークションもダメっすね。

 

因みに落とされた原因の一つ目は

積極性の溢れる人柄が、

当社の穏和な人々の間では合わないと感じた

だそうです。

積極性のない奴取るならビジネスなんかやんなよ。

 

…という事で、

私のような質問をすると

「あっコイツ働く気がないな」

と思われるそうです。

参考までに、どうぞ!

 

きゃたぬき

四コマ・不買の果て

四コマ

こんにちは

きゃたぬきですU・x・U

 

四コマ・不買の果て

f:id:justicatanuki:20170418095809j:image

 

腹いせは、程々に。

でも祈られたからって

不買行動していると、

食べたいものを食べられなくなる世の中。

結構、支配されてるなぁ…なんて。

そんな日々を過ごしています。

 

以上、またこんど!

きゃたぬき

 

前回はこちら!

catanuki.hatenablog.com

 

アルマジロ四コマ、最初から!

catanuki.hatenablog.com

 

【クソ就活】全戦全敗な私のグループワーク

クソ就活

こんにちは

きゃたぬきですU・x・U

 

この記事は私の失敗を基に、

皆さんが良いクソ就活を送ることを願い、

書かれたものです。

特定を避けるため、具体的な内容を改編してあります。

 

----------

GD1「何故、小学生はランドセルを使うのか?」

 

私の功績

 

「小学生”が”ランドセルを買わない事から、大人が意図して購入する理由を探すべきと提案した」

 

「中学生が使わない事から、小学生との差をあぶり出し、『身動きの自由を封じる』という仮定を導いた」

 

「毎度『企業の策略で浸透した』とうるさいメンバーを理屈で黙らせた」

 

結果➡不合格

 

 

GD2「スーパーボールを50cmバウンドさせてください」

条件:3チームあり、初めに100万支給される。

制限時間30分。

その間にボールを試運転できるが、

スーパーボールをバウンドさせるのに一回10万使用する。

50cmからの+-を測る。

1位のチームに100万、続くチームに90・80と手に入る。

 

私の功績

「試運転せず、元の100万+最下位80万でさえ、試運転2回で一位のチームにも並ぶ。

だから俺たちは何もしなくてよい」

➡試験官に「試運転は必ずしてください」と注意を受ける。

「ルールに書いてないじゃないですか!つまんないなぁ」

 

結果➡不合格

 

 

GD3「A社とB社、どちらをXさんに提案しますか?」

人材紹介会社のGDで、

「この人に合う求人はどちらですか?」的なやつ。

 

私の功績

「」(何もしていない)

「」(本気で何もしていない)

「」(人事が気に入らなかったので、何もしていない)

 

結果➡不合格

 

---------- 

この記事は随時更新します。

 

なお、私は超志望している企業のグループワークは余裕で通りました。

あくまで「微妙な志望度のGD」での行いです。

皆さんも本気の企業では

屁理屈や論破、英単語の暗記などは

行わないほうが良いですよ!

 

以上、またこんど!

きゃたぬき