きゃたのーつ

ぼっちが電子書籍を出版したブログ

*お読みください 【きゃたのーつ】について

こんにちは、きゃたぬきです。

 

 

当ブログ【きゃたのーつ】は

電子書籍を出版したり、

プログラミングを学んで何かを表現したい人に、

少しだけ先輩の私が贈る経験談

定期的に綴って行きます。

 

他にも日常的な記事を投稿することがあるかもしれませんが、

基本はTwitterで更新しています。

きゃたぬき (@CATANUKI) | Twitter

 

 

なお、

私の名前を伏せた状態での、

当ブログ内におけるあらゆるコンテンツ転載を禁止します。

 

 

代表的な記事のリンク集はこちら!

catanuki.hatenablog.com

 

catanuki.hatenablog.com

 

 

 

【就活】電子書籍の出版経験は役に立つか?

こんにちは

きゃたぬき ですU^ェ^U

 

今回の連載では、

電子書籍の出版経験は、就活で役に立つのか」

について述べていこうと思います。

 

前提として、

  • 上位校の出身ではない
  • 出版業界は受けていない
  • 処女作は売り上げが出ていない
  • 知名度ある実績を残していない
  • あくまで私個人の見解と体験談である

以上を認識してください。

 

また、私の志望した企業は

  • 東証一部上場済み
  • 休日120日以上
  • 完全週休2日
  • B to B 企業

の条件を満たす約30の企業です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

結論から言うと、

「出版経験は1次面接を通過できるが、

2次面接で落ちる」

となります。

 

少なくとも2018年の就活では、

電子書籍の出版経験は、かなり良く目立ちます。

1次面接は容易く通過できました。

GDオンリーで落ちた企業を除く

 

 

私の例では、

処女作を出版したのは12月

初めての面接本番は3月下旬

この間に4ヶ月ほど空いています。

空いていても、1次面接は通過できました。

 

 

聞かれる質問は、

  • どんな本を出したのですか?
  • いつから執筆を行っていたのですか?
  • 簡単に出版できるのですか?

大まかに決まっています。

 

出版経験は特殊で、

周りの人より目立つのは間違いない。

電子出版の正体を把握している

面接官自体も(今なら)少ないでしょう。

1次面接の状態では、

面接官の質問に回答するだけで通過できます。

 

 

しかし2次面接では様子が異なります。

上記の質問は面接官に引き継がれ、

  • 売り上げは出ているのか
  • 知り合いは購入しているのか
  • これからも活動を続けていくのか

という質問が来ます。

 

企業人事には申し訳ない事をしましたが、

わざと落ちた面接を考慮すると、 

「売れない作品を出して、

自己満足してるだけでは・・・?」

 を探っているのです。

 

この対策自体は、

出版経験の肩書きを得るよりも

難易度は上がります。

その内容は次の記事に回しましょう!

 

それでは、また!

twitter.com

 

 

 

関連記事ー電子出版の難易度

catanuki.hatenablog.com

 

 

 

電子出版の難易度(後編)

こんにちは

きゃたぬきですU^ェ^U

 

catanuki.hatenablog.com

 

前回の続きです_φ(・_・

簡単に本を出せる証明として、

実際に出版してみたいと思います。

 

 

今回出す本は二冊

どれも無料で見ることが出来るので、

サンプルからDLしてみて下さい。

 

・以前書いたSS(短編小説)5本

*以下から内容を確認できます。

catanuki.hatenablog.com

 

・海外旅行時の写真

 

catanuki.hatenablog.com

 

購入する必要はありません。(むしろ購入しないで下さい。)

kindleストアからサンプルDLすれば、

内容を確認できると思います。

 

 

実際に出版された本がこちらになります。

 

渋谷まこと短編集 「天才」他5作品

渋谷まこと短編集 「天才」他5作品

 
きゃたぬき 旅行画像

きゃたぬき 旅行画像

 

 

何度も言いますが、

邪法で体験した電子書籍

商品と言えるレベルの質をもっていません。

 

それでもこの程度ならば

短時間で出版が可能であることを

認識しておいて下さい。

 

前回もお勧めしましたが、

Amazon Kindle Direct Publishing を利用する上で

こちらの本が非常に参考になります。

 

Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング

Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング

 

 

 

それでは、また次回!

twitter.com