きゃたのーつ

ぼっちが電子書籍を出版したブログ

*お読みください 【きゃたのーつ】について

こんにちは、きゃたぬきです。

 

 

当ブログ【きゃたのーつ】は

電子書籍を出版したり、

プログラミングを学んで何かを表現したい人に、

少しだけ先輩の私が贈る経験談

定期的に綴って行きます。

 

他にも日常的な記事を投稿することがあるかもしれませんが、

基本はTwitterで更新しています。

きゃたぬき (@CATANUKI) | Twitter

 

 

なお、

私の名前を伏せた状態での、

当ブログ内におけるあらゆるコンテンツ転載を禁止します。

 

 

代表的な記事のリンク集はこちら!

catanuki.hatenablog.com

 

catanuki.hatenablog.com

 

 

 

電子出版の難易度(後編)

こんにちは

きゃたぬきですU^ェ^U

 

catanuki.hatenablog.com

 

前回の続きです_φ(・_・

簡単に本を出せる証明として、

実際に出版してみたいと思います。

 

 

今回出す本は二冊

どれも無料で見ることが出来るので、

サンプルからDLしてみて下さい。

 

・以前書いたSS(短編小説)5本

*以下から内容を確認できます。

catanuki.hatenablog.com

 

・海外旅行時の写真

 

catanuki.hatenablog.com

 

購入する必要はありません。(むしろ購入しないで下さい。)

kindleストアからサンプルDLすれば、

内容を確認できると思います。

 

 

実際に出版された本がこちらになります。

 

渋谷まこと短編集 「天才」他5作品

渋谷まこと短編集 「天才」他5作品

 
きゃたぬき 旅行画像

きゃたぬき 旅行画像

 

 

何度も言いますが、

邪法で体験した電子書籍

商品と言えるレベルの質をもっていません。

 

それでもこの程度ならば

短時間で出版が可能であることを

認識しておいて下さい。

 

前回もお勧めしましたが、

Amazon Kindle Direct Publishing を利用する上で

こちらの本が非常に参考になります。

 

Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング

Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング

 

 

 

それでは、また次回!

twitter.com

 

 

電子出版の難易度(中編)

こんにちは

きゃたぬきですU^ェ^U

 

catanuki.hatenablog.com

 

前回の記事に続いて、

電子出版が簡単と感じる方法を

お伝えします_φ(・_・

 

 

「本を出すには、本を書かねばならない。」

とは誰も言っていないが、コンテンツは必須です。

小説家なら小説を、

漫画家なら漫画を、

写真家なら写真を用意するべきです。

 

この記事を読むあなたが、

一体何をしたいか判りません。

ただコンテンツがないと本は絶対に出せません。

 

その上で、

コンテンツを用意しなくても

出版を体験できる邪法をお伝えします。

 

 

●根本的な話

この邪法で体験できるのは

「出版が簡単である」

ことであり、決して

「売れる本は簡単に出せる」

ではない事に注意して下さい。

なお、KDP(kindle direct publishing)の

編集方法に関してはこちらの本がオススメです。

Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング

Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング

 

 

 

●文章だけか、画像だけか

電子書籍を出版する際、

文章だけにする人と、

漫画を出したい人とでは

編集方法が異なります。

ここでは、

【文章だけ】

【漫画など、画像だけ】

の二種類を紹介します。

 

●文章を出したい人の場合

 

文章だけの場合、

段落や章の調整などが少々面倒です。

 

ただし、

出版だけを味わいたいならば、

著作権の切れている何かを使い回せば良いのです。

芥川龍之介の作品をコピーして

そのまま出版して下さい。

 

著作権切れの作品を使う】

この行為自体に法的な問題はありませんが、

例えば【「走れメロス」を題材にした作品】などは

著作権が有効ですので注意して下さい。

 

 

●写真集、漫画を出したい人の場合

こちらの場合、

画像を組み合わせて作品を完成させる、

いわば写真集を出版します。

漫画も同様の手段で出版が可能です。

 

こちらも出版だけを味わうなら、

適当な写真集を作れば良いのです。

 

あなたの撮影した風景ならば

基本的に著作権違反になりません。

そこら辺の景色を100枚くらい撮影して

書籍化しましょう。

 

 

●今回のまとめ

前述した内容を踏まえて、

次回の記事では実際に出版したものを紹介したいと思います。

誰でも簡単にできる事なので、

早速行ってみて下さい_φ(・_・

 

 

それでは、また次回!

きゃたぬき

 

twitter.com