きゃたのーつ ver.1.1

エリートぼっちの文芸倉庫

*お読みください 【きゃたのーつ】について

こんにちは、きゃたぬきです。

当ブログ【きゃたのーつ】は、

エリートぼっちたる私、

きゃたぬきの発想を

漫画などに描いていく場所です。

 

きゃたぬき (@CATANUKI) | Twitter


普段はTwitterにて活動をしています。

 

なお、

当ブログ内における、

私の名を隠したままの

あらゆるコンテンツ転載を禁止します。

 

エリートぼっちとは?

catanuki.hatenablog.com

 

代表的な記事のリンク集はこちら!

catanuki.hatenablog.com

 

お題・カバンの中身

こんにちは

きゃたぬきですU・x・U

 

今週のお題「カバンの中身」

 

まぁラジオでも話しました通り、

重いカバンが好きなんですU・x・U

 

心理的な理由があるのかわからないんですけど、

重たいカバンは『身を守る防具』になり得る。

すなわち対人関係に置いて、

一定の壁を作る心理が働いている。

 

…かなぁ?_φ(・_・

じゃぁ軽い方が何なんだよとか聞かれると困るんですけど、

重たいカバンが好きな人は、

そういう傾向、

あるんじゃないかなあ〜?って思います。

 

以上、またこんど!

きゃたぬき

 

前回はこちら! 

catanuki.hatenablog.com

 

雑記・攻略サイト前提のゲームプレイ

こんにちは

きゃたぬきですU・x・U

 

皆さんはゲームをするとき、

攻略サイトを見ながら進めることに賛成ですか?

 

私、これは賛成の立場を持っています。

ゲームのシナリオだけ味わうのに、

余計な選択肢で時間を取られることを避けるため、

最短で目的を遂行することは、

一種の楽しみ方として、アリじゃないですか?

 

極端なことを言いますと、

例えば芥川龍之介の「杜子春」をゲームで味わうとすれば、

劇中の主人公になりきって、

主人公の行動を追体験できるのです。

 

これは、小説を読むときには絶対にできない、

ゲームならではのメリットです。

 

ただ、これが時に億劫なのです。

別に主人公になりきって

彼女作ってシャドウと戦う必要ないな・・・って思う人もいるのです。

 

 

「このゲーム、ネットで名作って言われてたから買ったけど、選択肢がだるいよな」

そんな人は、

攻略サイトで最短クリア、アリじゃないでしょうか。

 

以上、また今度!

きゃたぬき

 

前回はこちら

catanuki.hatenablog.com